2018
01.29

我が愛しのご都合主義

Category: 雑記
最近自分の好みを見つめ直す機会が多くて、掘れば掘るほどに自分が思っていた以上にファンタジーの世界だったり、RPGを始めとするゲームが大好きだったりで愛おしいです。
中でもファンタジーRPGが好きすぎるようです。
ゲームソフトで言うと真・女神転生III-NOCTURNE マニアクスデビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団あたりが一番好きなので「当てはまってねーじゃねーか💢」となりそうなんですが何事も例外はあるんです~💦
全般的に好きなのはファンタジーRPGなのです!
ここで私が定義しているファンタジーとは、中世ヨーロッパ風で、魔法などの不思議な力が存在していて、街の外には魔物なんかが跋扈しているああいう感じです。
DQとかFFみたいなああいうのね~。とふわっと捉えていただければ幸いです。

基本的に1から100までオリジナル。といったものよりも、ほんのりこちらと絡めてきているようなものが好きです。
例えば神話だったり、偉人の名前であったり、地名であったり…
100%オリジナルもそれはそれで好きなのですが、いろいろ調べたりするのが好きなので(但しそれらが全て己の知識となるとは言っていない)、知っている固有名詞が出ると嬉しくなって関連性探ったりして一人でキャッキャしちゃうのですよね。
メガテンシリーズでめちゃくちゃ神話を調べまくった辺りからこの自分の特性は尾を引いている感じがします。
しかし、もともと星座繋がりで神話にも興味があったので、それ故メガテンにはまったのか、メガテンにはまった故にその性質が助長されたのか個人的には気になるところです。

中でも特に好きな設定が、明らかに舞台は中世ヨーロッパがベースなのに平然と忍者や侍といった和の要素が自然と交じり込んできているものです。
顕著なのがFFで、FF5でもう忍者や侍というJobが選べたのですよね。確か。
そろそろFF5も古のゲームなのでシステムをちろっと述べておくと、主人公をはじめとした仲間キャラクターは固定なのですが、Jobは固定ではなくて、いろんなJobをこちらで好きにあれこれ変えられる感じでした。
最近のシリーズでいうとFF10-2に近い感じでしょうか?
…FF5、1992年発売。FF10-2、2003年発売。最新作FF15、2016年発売。

さて、そんなわけで今現在も続く国内知名度バツグンRPGシリーズがそんな感じなので、RPGで忍者やら侍が出てくるのはもはや当たり前でありお約束でありいまいち気にするものじゃないのかも知れません。
ヴァルキリープロファイルという北欧神話がベースのめちゃくちゃシリアスな本格派RPGがあって、舞台は地名から察するにだいたい架空のヨーロッパなのですが、倭国という地域があって和風なキャラが結構出てきます。
北欧神話がベースなので和を全く取り入れなくても別にいいのに出てきます。
最終決戦はラグナロクなので北欧神話成立当時はともかく、今考えるなら日本を含むアジアも関わりがあった方がよさそうですし、何より私みたいにファンタジーに和の要素が入ってくると喜ぶプレイヤーもいますしね!
メインストーリーには絡んで来なかった気がするので本当にサービスだと思う…
ちなみに女の子では夢瑠ちゃんがいちばん好きです💕

なので何気ない要素だけど人の心を掴むことを出来るだなんて流石FF、流石スクエア、やっぱ有名で人気なのには理由があるんだな~。
なんて考えていたのですが、別にFFが発端ではないと大人になってから知りました。
Wizardryの初期作から忍者や侍が登場しており、そこらしい?のです。
Wizardryの初出は1981年のPC向け。FC版は1987年だったようです。
FF5はSFCで1992年だったのでここからの影響を受けてだったのでしょうね。
というより、当時のコンシューマのRPGはだいたい影響を受けているような感じのようです。FFやDQが様々なゲームへ影響を与えたのと同じような感じですね。
しかしそのWizもD&Dから影響を受けて… といったことのようなのでD&Dすごいですね…
D&DはTRPGなので触れる機会がなかったのですが、昨今はSkypeやDiscordでのVCが普及し、さらにどとんとふのようなオンラインでセッションを行える場が増えてTRPG自体がリバイバルしている感じなので、いつかどこかでプレイ出来るかもしれませんね。

Wizardryをプレイしたことない私が知っている、Wizでの和風知識というと、
 忍者と侍という上級職が存在する。
 村正という本編中最も攻撃力の高い妖刀が存在し侍にしか扱えない。
 侍はメイジ系の魔法を習得することが出来る。
 忍者は防具をつけない方が強い。
 さらに素手だと確率でクリティカルヒット=一撃で仕留める事ができる。
 忍者は罠の解除も本職の盗賊には劣るがすることが出来る。
くらいでしょうか?
本当に全シリーズプレイしたことがないのでどこまで真実かよくわかりません。実際プレイすると使い勝手などもあったでしょうし、続編の知識が混じっている可能性もあります。
とはいえ、こんな感じで侍と忍者はちょっとしたオマケJobなんかではなくて、バリバリの強キャラなんですよね。
それなのに舞台は明らかに中世ファンタジー。剣と魔法の世界。これってすっごくセンスのある要素だと思いました。

ゲーム自体は一つの街とそこにある迷宮しか出てこないので、どういった経緯でこれらの職業が流れ着き定着するに至ったかはプレイヤーの自由!ひゅう!
容量が少ないのでそこまで入れられなかっただけで開発元には大きな設定があったのかもしれない… とも思えますがたぶんそこまで考えていなかったような気がします。
ちょっと調べるだけでWizardryの面白い話しは結構出てくるので興味ある方は各自で判断してみてください。
私はそこまで考えていなかった派です。
なので余計にWizardryに登場する唐突な和要素が好きなのですが。
きっとガチガチに設定を作って頭でっかちになっているとこういう発想にはならなくって、自分たちで自分たちが思う最高のゲームを作るぞ!ってなったから出来上がった結果なのだと思うのですよね。
自分の好みを強引にでも混ぜ込むご都合主義だって時には大事なのです!
私はついつい頭でっかちになりがちで結果何も出来上がらないみたいな事が多いので見習いたいです。
いつの時代も作品を生み出す苦労や努力は変わらないだろうですしね。
本当はもっとこのWizの絡みで書きたいことあったのですが、こまめに吐き出すのも大事。というわけで今日はここまで。
思いの外まともな終着点へ至って自分でびっくりしました。
 

最終更新日:2018/01/30
Comment:0
2017
01.01

2016年までの私のぐらぶる

Category: 雑記
あけまして2016年までの私のぐらぶるのまとめをさせいただきます!
書いてるのは2018年になっているけれどきにしなーい☆彡
2017年中にやるつもりで2016年12月31日でSS撮影してたんだよ💢させて💢

まともに始めたのはサクラ大戦コラボで、その前の剣と脚に想いをのせてくらいから準備として始めていたので、5月頭辺りから始めていたのかな?
デレマスは元々プレイしていたので、連動ログインボーナスで石が溜まっていたのもあるし、ちょこちょこガチャだけ引いていたのでキャラはそれなりにいました。
というわけで、年末までの手持ちキャラと一緒に振り返っていきます!

170101a.png 

シンデレラガールズの担当は神崎蘭子ちゃんなので、そのためにしまむーまではやってました。カタリナ、リリィ、しぶりんでひぃひぃ言いながらやってブリュンヒルデ蘭子ちゃんを一人だけ手に入れました…
たしかHardしか回れなくて当時ガラケー?スマホに変えたて?で泣いてました。重くて。
下にちゃんみおがいるのですが、16年6月のPINYA HAZARDで仲間にしたのでここにいるのはおかしいんですけど、気付いたらここにいました。なぜ…

その後は武内くんのバロワが出るまで引いてR故にすぐ出て小躍りして終わり。

170101b.png 

その次は水着ローアインがCM?Twitter?で見てめちゃくちゃ面白かったので、バロワの時すぐ来たので同じくらいでくるだろー^^
って軽い気持ちで引いたら全然来なくて下手したらガラドアから水着ローアインまでは一回のガチャで引いてました。
今となっては大した回数じゃないかもしれませんが、当時にしてはそうとう回した思い出。

その次はSideMコラボでひょっこり帰ってきました。
友達と旅行の期間も重なってたので謝りながらちょくちょくぐらぶってました。
その件については本当にすまなかったと思っています…
戦力を補うためにガチャを引いて、メインストーリーも進めて、SideMコラボと一部重なるように英雄再起があったので頑張ってノイシュを加入させました。
彼の3アビのカットのおかげでティアマグが倒せるようになったので思い入れが深いです。
その後最終上限解放が来たりもして2018年1月現在も活躍してます。

170101c.png 

その後桜庭先生とピエールを加入させるには苦しかったので、追いガチャをして出たアルタイルは当時強さがよくわからなかったけど、わかるようになるとめちゃくちゃ強くてスタメンから外せません…
貴方の背中の羽根の謎がわかるかと思ったけどわからなかったよ…
いつになったらわかるの…?

ジョエルくんから、次のアレーティアまでは一気にガチャを回しました。
サクラ大戦コラボのため… ではなく、Twitterで「グラブル全然SSR出ねー!」というツイートがバズっていて、当時デレマスをメインにやっていた私は「嘘つけ!グラブルめちゃくちゃレア出るやろ!」となって溜め込んだ石を後悔しない程度に放出した思い出。

170101d.png 

当時パーシヴァルが出た時はイケメンだー!としか思わなかったのですが、使っている間にいつの間にかめちゃくちゃ好きになっていて今では家臣です。
アグニスが出たのもきっとぱ様のお導きなのです✨

このサクラ大戦からは真面目にほぼ全部のイベントを参加してました。
ほぼなのは戦力不足で一つのイベントで疲れ果ててしてない時があるからです…

初のサプチケはクラリスでした。
本気で誰にしたらいいのかよくわからなくて、友達に相談に乗ってもらって「火にパーシヴァルとユエルが揃ってるならクラリスがいいよ」という意見に乗ってクラリスをもらいました。
結果パスタパークラユエルで火はほぼ過ごしてました。
2018年1月現在はエリュパークラユエルです。変わらん。

ヴェインくんはファミ通10連みたいなので出たので嬉しくて覚えてます。

170101e.png 

二人目のサプチケはランちゃんにしました。水アタッカーいなかったですし、イケメンなので。
この辺から水着期間に入って毎日一回無料みたいなのがあって水着ヴィーラはそこで出たような記憶。
当時はリヴァマグの水鏡がすごく痛かったのでディスペル目当てでよく引き連れてました。

170101f.png 

そしてやってきました水着パーシヴァル。
早バレとかあって心の中でブチ切れてました。はぁーまじで刺したい。
天井を覚悟していたのですが確か60連ほどで出てくれて小躍りしました(^ω^ 三 ^ω^)
ソシエから水着パーシヴァルまでがその時回した期間かな?

フェリちゃんはスタレで引きました。
最近はあまり使っていないですが、それでもATフェリちゃん強くて楽しくて好きです。
水着ゾーイも毎日無料だった気がします。わーい。
その後どっかの10連でまたリボンを引き当てたので私のリボンは1凸です。
でも背水編成全然出来てない上に背水運用苦手なので出番は… 少ないです…

170101g.png 

サプチケ3人目はやみんぬ!
闇が圧倒的に人手不足だったのでまた友達と相談して決めました。
2アビの推移は未だによくわかっていないでよわんぬな時に奥義打っちゃったりしてるけどよくお世話になっています。
でも背水してないのでマルチなんかでは編成から抜けます…

ネツァワルピリはサプチケ候補だったのですが、おはガチャから出て小躍り。
当時は毎日おはガチャやってました。90円の。
最近は金ムーンになることが増えたのでレジェフェスや季節限定の時だけです…

キャサリン&シャノワール。かわいい。

170101h.png 

PINYA HAZARDのおかげでぐっとアイドルが増えました✨
本当ならちゃんみおもここです!!!

サプチケ4人目はセルエル王子です!
光SSRとマウントが欲しかった… というわけではなく、アイルストフォーマルの性癖どストライクっぷりに狂ってしまって、スキン持ってない&再販確定していないのに勢いだけで取って周りにびびられました。
でもマウント便利すぎるし、ノイシュと関係があるキャラなので取って良かったです✨

そしてまたも性癖どストライクなハロウィンユーステス
ハロウィンベアトリクスからハロウィンユーステスまでが一回のガチャです。
SSRはハロウィンユーステスとジークフリートさんだけです。
ほぼ天井すれすれまで回しました。
天井しなかったのはこれがレジェじゃなかったからです。
その後ハロウィン込みレジェが行われました…
結論:回すならレジェンドフェスを待て!!!

170101i.png 

気を取り直してスタレでシルヴァさん!
私に使えるかなー?と思っていたのですが、友達にシルヴァさんはいいぞとめちゃくちゃダイマされたので、単純な私はじゃあ私も好きー!となってました。
そして救国亡国氷炎の四騎士週間?月間?を終えてサプチケ5人目ヴィーラ
やはりマウントは強い。

クリスマスはアルルメイヤがすごくすごく欲しかったのですが、ロゼッタが出てきてくれたので諦めました… どうにもクリスマスキャラとは相性が悪いです。

170101j.png 

カイラナ以降は追加されたルシオが欲しくてガンガン回したのですが、どうにも出なく、天井するほど石もなく、ロミオが出て終了しました…
似てるしいいよね…
火力あるのでなんだかんだでよく使ってます。
この時の悔しさで私は石を天井まで貯めるようになりました。

やっぱり最初の頃は持ちキャラが少ないのですぐにSRやSSRがでて嬉しかったですね。
今でも出ると言えば出るけれど、銀ムーンや金ムーンになるので切ないです…
2017年まとめも元気なときに書きます☆彡
 

最終更新日:2018/01/28
Comment:0
2016
10.20

ぐらぶるだいまはじめました

Category: 雑記
日付を見てもらえばお分かりいただけるかと思うんですが、結構前から書いてたんですけど序盤編も一緒にUPしようと思ったら時間がかかりまくって内容も変化してきたので、友達がはじめたついでにそのままUPしました。
二ヶ月半経ってるんで今もっと課金してます:;(∩´﹏`∩);:
なおその友達は10連でSSRキャラを二人引き(しかも1人はハロウィン限定)、もうブリュンヒルデを1人取り、職業もダークフェンサーになっているという強者です。
もうこんな記事全然いりません。

過去記事をUPした扱いになっているせいか、広告消えないのでとりいそぎ広告消しのためにこれだけで。
もう四時だよ^^
最終更新日:2016/10/20
Comment:0
2016
03.13

とろっととろとろ

Category: 雑記
このところ寝る前のお楽しみとして、昔通っていて大好きだった某Wiz日記を毎夜数話ずつ読み進めていました。
1P分程のSSを一話としたもので現在362話公開されています。
サイト主さんがイラストレーターであるので、登場人物の紹介にイラストを参照出来たり、Wizardryを知らない読者のために用語にも解説を参照出来たりするため、Wizardryを知らない私でもあっという間に世界観に浸ることが出来て、今も昔も変わらぬ面白さを保っていました。
このサイトに通いだした頃は、まだPCを手に入れたての初期の頃であったので、思い出補正で当時のものは全て面白く見えていただけだったらどうしよう。と思ったりもしたのですが、今現在読んでみてもそんなことは全く無く、やはり昔読んだ時と同じように面白く、魅力あふれる作品でした。
毎週水曜日の更新を楽しみに待っていたあの頃を思い出します。

新情報を仕入れるのは良くも悪くも疲れてしまうので、ここ数ヶ月は昔好きだった小説だったり古いサイトだったり、とりあえず慣れ親しんだものにばかり触れていたのですが、結構なくなってしまっているものが多かったので、ここのサイトは残っていてそれだけでとても嬉しかったです。
一方で、「このサイトはいつまでも残っているだろうな」と思っていた某ゲームのテキストサイトは閉鎖されてしまっていて、どうしてローカルに保存しなかったのか現在非常に苦しんでおります。
同じ人の他の運営サイトは残っていて、現在も同人活動を続けていらっしゃるようなので古い文章だし残しておきたくなくなったのかな… と、とりあえずの納得はしています。
本当にすごいテキスト量だったので。サイト内に検索cgiなんかもあったりしたくらい。
このジャンルで好きなテキストサイトはこちら含め二件あったのですが、もう一件も随分前にサイトが消滅してしまったので寂しさはどうしても拭えません。
どちらも何年も更新がない時点でローカル保存すればよかったんですけど、なんとなく悪い気がするし、何年もこのままなのだから閉鎖はないだろうと侮っていて全て電子の海にさようならです。

時折こういうことがあるので、同人誌は新録のないWeb再録集であっても好きな人のものなら買うようにしています。
実際そこまで割り切っている人というのも珍しく、だいたいの人が数ページの新録を載せていたり、描き直しがあったり、そのお話についてのコメントが載っていたりするので、大好きな作品を手元に保管できるだけでなく、+αもついてくるのだから1000円2000円簡単に出しています。
Webサイトのローカル保存もここ数年はしていませんけど(単純にサイトとしての体を保っているサイトが減ったのもある)、事前に閉鎖しますと宣言があったサイトなんかはまるっと保存していたりもします。
もっとも、閉鎖宣言を見逃したり、期間中に保存が全て間に合わなかったり、そもそも閉鎖宣言がなかったりすることのほうが大半なわけですが…

当たり前ですけど閉鎖するかどうかはサイト主の自由です。
なのでサイト主に恨み言を言う気はありません。ただ単にマヌケだったなー。という自分への恨みつらみです。
ここ数年Webの二次創作関連を見ていると、作品の公開非公開に対して、直接作者へのマイナスコメントを見かけることがあって、気になるのでちょっと書いておきます。
恐らくそういう人は少数だとはわかっているのですが、やはりそういうコメントは目につきやすいですし、忘れ難いので感覚としては結構いるように感じてします。
たぶん昔はサイト主へのコメントなんかは、その方が公開しているメアドやWeb拍手などのこちらからは見えないものしかなかったのが、今は公開コメントやTwitterなどの開けたものが増えているのが、多くなったように感じる要因なのでしょうね。
特にTwitterなんかはWeb知識がなくともあれこれ出来るせいか「奔放な方」が多い気が。
以前、携帯がインターネットに繋がっているとは知らないで、Twitterの呟きがWebに流れていることを知らない人がいる。という記事を読んだことがあるけど本当かなぁ。
私の感覚ではありえないことなんだけど、いろいろ見ていると全くありえないと言い切れないのがなんとも言えないところです。
「円周率3」みたいな都市伝説であることを願います。


閑話休題。サイトの閉鎖について。
続きを読む
最終更新日:2016/03/13
Comment:0
2016
03.12

最近のゲーム事情

Category: 雑記
自分のTwitterを見ると海猫亭の話しを呟いてたので、その後を。
と思ってだらだら文章を書いていたのだけど、クリアしたの今じゃないし、140字にまとめたりリプライで続けるのがなんだか面倒くさくなってきたので、思い出したこちらで。

あの後わりとすぐに図鑑999コンプ出来ました。
最後まで残ったのは結局シオコレクションでした… ですよね。
コンプした後も紋章コンプのためにしばらくプレイしたのでずれてそうですけど、38ヶ月でコンプみたい。なのでだいたい3年くらいでコンプしたことになるのかな?
まだExアイテムひとつも持ってないんですけど、やりこみ要素+時限アイテムみたいなのでその時が来たらまた続きをやろうかなといったところ。
今回は最初から全てのアイテムを999売るプレイスタイルだったので、次は方法変えてみようかな。
宝くじ縛ったり、夏魚御膳縛ったりしたら難易度変わりそう。

犬と猫のソフトはどれも一本1000円なので、久々に何か買おうかな?と思ったら、そろそろ新作が出るみたいなのでそれを買おうかな。
魔法指輪精製シュミレーション・ウィッチリングマイスター というタイトルで、主人公は知らない子だけど日記を読むに海猫亭で主人公だったイヴも出るみたいだし、何より『魔法指輪精製』というのが私の厨二心をくすぐる。
マジックアイテムはファンタジーではお決まりのアイテムなので。

それにしても、随分と沢山のゲームが出ているのですねぇ。
海猫亭を買った頃はたしか王国商店街がそろそろ発売とかそんな頃だったかな。
その後も年一本ペースで精力的に新作を作っておられる模様。
どれか体験版やってみようかな?と思ったけど、はまって商品版買って新作出てもずるずるプレイしている姿が簡単に目に浮かぶので我慢。
とはいえ、クリアした海猫亭で今月持つかというとたぶん持たないのでなんかないかな。


ここ数年は自分がゲームへの関心が若干薄れたのもあって、基本無料なネトゲやソシャゲばっかりやっていたけど、やっぱりこういう買い切りのゲームの方が好きな時に好きなだけ遊べていいですね。
ソシャゲはゲーム内体力の問題で空き時間にこまめに遊べるならいいけど、まとめて遊ぶには向いてないし、私の言うネトゲ=MMORPGなので例えソロプレイをするにも対人も多少なりとも考えていけないわけで、あまり調子の良くない時はちょっと近づきたくない。
ネトゲで一人黙々とレベリングしたりスキル上げしたり金策するのも好きなんですけど、やっぱりMMOならではの他プレイヤーとの触れ合いが好きなのでそういうチャンスがあればついそっちに逸れちゃうんですよね。
それでチャットで何かの折についキツイこと言っちゃって落ち込んだり、それを懸念して「今日はソロ」と断っても、その断った事自体を自分がストレスに感じたり、非常に面倒くさいのでネトゲという選択肢自体をなかったことにしてしまう。

私が神経質すぎるのが問題なのだけど、娯楽でストレスは感じたくない。という考えが昔から私にはあります。
なのでインターフェイスが使いづらいゲームは嫌いだし、ローディングが長いゲームも嫌いです。
プレイヤースキルがゲームの楽しさに左右するタイプのゲームも、嫌いではないのだけど、昔からその手ゲームは下手な自覚があるので乗り気でないとなかなかプレイ出来ない。
今のこのメンタルでもプレイしたいゲームはあるのだけど、PSかPS2なので要テレビ。
とりあえずPCか3DSかPSPでやりたいゲーム探そうかな。
最終更新日:2016/03/12
Comment:2
back-to-top