2016
03.13

とろっととろとろ

Category: 雑記
このところ寝る前のお楽しみとして、昔通っていて大好きだった某Wiz日記を毎夜数話ずつ読み進めていました。
1P分程のSSを一話としたもので現在362話公開されています。
サイト主さんがイラストレーターであるので、登場人物の紹介にイラストを参照出来たり、Wizardryを知らない読者のために用語にも解説を参照出来たりするため、Wizardryを知らない私でもあっという間に世界観に浸ることが出来て、今も昔も変わらぬ面白さを保っていました。
このサイトに通いだした頃は、まだPCを手に入れたての初期の頃であったので、思い出補正で当時のものは全て面白く見えていただけだったらどうしよう。と思ったりもしたのですが、今現在読んでみてもそんなことは全く無く、やはり昔読んだ時と同じように面白く、魅力あふれる作品でした。
毎週水曜日の更新を楽しみに待っていたあの頃を思い出します。

新情報を仕入れるのは良くも悪くも疲れてしまうので、ここ数ヶ月は昔好きだった小説だったり古いサイトだったり、とりあえず慣れ親しんだものにばかり触れていたのですが、結構なくなってしまっているものが多かったので、ここのサイトは残っていてそれだけでとても嬉しかったです。
一方で、「このサイトはいつまでも残っているだろうな」と思っていた某ゲームのテキストサイトは閉鎖されてしまっていて、どうしてローカルに保存しなかったのか現在非常に苦しんでおります。
同じ人の他の運営サイトは残っていて、現在も同人活動を続けていらっしゃるようなので古い文章だし残しておきたくなくなったのかな… と、とりあえずの納得はしています。
本当にすごいテキスト量だったので。サイト内に検索cgiなんかもあったりしたくらい。
このジャンルで好きなテキストサイトはこちら含め二件あったのですが、もう一件も随分前にサイトが消滅してしまったので寂しさはどうしても拭えません。
どちらも何年も更新がない時点でローカル保存すればよかったんですけど、なんとなく悪い気がするし、何年もこのままなのだから閉鎖はないだろうと侮っていて全て電子の海にさようならです。

時折こういうことがあるので、同人誌は新録のないWeb再録集であっても好きな人のものなら買うようにしています。
実際そこまで割り切っている人というのも珍しく、だいたいの人が数ページの新録を載せていたり、描き直しがあったり、そのお話についてのコメントが載っていたりするので、大好きな作品を手元に保管できるだけでなく、+αもついてくるのだから1000円2000円簡単に出しています。
Webサイトのローカル保存もここ数年はしていませんけど(単純にサイトとしての体を保っているサイトが減ったのもある)、事前に閉鎖しますと宣言があったサイトなんかはまるっと保存していたりもします。
もっとも、閉鎖宣言を見逃したり、期間中に保存が全て間に合わなかったり、そもそも閉鎖宣言がなかったりすることのほうが大半なわけですが…

当たり前ですけど閉鎖するかどうかはサイト主の自由です。
なのでサイト主に恨み言を言う気はありません。ただ単にマヌケだったなー。という自分への恨みつらみです。
ここ数年Webの二次創作関連を見ていると、作品の公開非公開に対して、直接作者へのマイナスコメントを見かけることがあって、気になるのでちょっと書いておきます。
恐らくそういう人は少数だとはわかっているのですが、やはりそういうコメントは目につきやすいですし、忘れ難いので感覚としては結構いるように感じてします。
たぶん昔はサイト主へのコメントなんかは、その方が公開しているメアドやWeb拍手などのこちらからは見えないものしかなかったのが、今は公開コメントやTwitterなどの開けたものが増えているのが、多くなったように感じる要因なのでしょうね。
特にTwitterなんかはWeb知識がなくともあれこれ出来るせいか「奔放な方」が多い気が。
以前、携帯がインターネットに繋がっているとは知らないで、Twitterの呟きがWebに流れていることを知らない人がいる。という記事を読んだことがあるけど本当かなぁ。
私の感覚ではありえないことなんだけど、いろいろ見ていると全くありえないと言い切れないのがなんとも言えないところです。
「円周率3」みたいな都市伝説であることを願います。


閑話休題。サイトの閉鎖について。
続きを読む
Comment:0
2016
03.12

最近のゲーム事情

Category: 雑記
自分のTwitterを見ると海猫亭の話しを呟いてたので、その後を。
と思ってだらだら文章を書いていたのだけど、クリアしたの今じゃないし、140字にまとめたりリプライで続けるのがなんだか面倒くさくなってきたので、思い出したこちらで。

あの後わりとすぐに図鑑999コンプ出来ました。
最後まで残ったのは結局シオコレクションでした… ですよね。
コンプした後も紋章コンプのためにしばらくプレイしたのでずれてそうですけど、38ヶ月でコンプみたい。なのでだいたい3年くらいでコンプしたことになるのかな?
まだExアイテムひとつも持ってないんですけど、やりこみ要素+時限アイテムみたいなのでその時が来たらまた続きをやろうかなといったところ。
今回は最初から全てのアイテムを999売るプレイスタイルだったので、次は方法変えてみようかな。
宝くじ縛ったり、夏魚御膳縛ったりしたら難易度変わりそう。

犬と猫のソフトはどれも一本1000円なので、久々に何か買おうかな?と思ったら、そろそろ新作が出るみたいなのでそれを買おうかな。
魔法指輪精製シュミレーション・ウィッチリングマイスター というタイトルで、主人公は知らない子だけど日記を読むに海猫亭で主人公だったイヴも出るみたいだし、何より『魔法指輪精製』というのが私の厨二心をくすぐる。
マジックアイテムはファンタジーではお決まりのアイテムなので。

それにしても、随分と沢山のゲームが出ているのですねぇ。
海猫亭を買った頃はたしか王国商店街がそろそろ発売とかそんな頃だったかな。
その後も年一本ペースで精力的に新作を作っておられる模様。
どれか体験版やってみようかな?と思ったけど、はまって商品版買って新作出てもずるずるプレイしている姿が簡単に目に浮かぶので我慢。
とはいえ、クリアした海猫亭で今月持つかというとたぶん持たないのでなんかないかな。


ここ数年は自分がゲームへの関心が若干薄れたのもあって、基本無料なネトゲやソシャゲばっかりやっていたけど、やっぱりこういう買い切りのゲームの方が好きな時に好きなだけ遊べていいですね。
ソシャゲはゲーム内体力の問題で空き時間にこまめに遊べるならいいけど、まとめて遊ぶには向いてないし、私の言うネトゲ=MMORPGなので例えソロプレイをするにも対人も多少なりとも考えていけないわけで、あまり調子の良くない時はちょっと近づきたくない。
ネトゲで一人黙々とレベリングしたりスキル上げしたり金策するのも好きなんですけど、やっぱりMMOならではの他プレイヤーとの触れ合いが好きなのでそういうチャンスがあればついそっちに逸れちゃうんですよね。
それでチャットで何かの折についキツイこと言っちゃって落ち込んだり、それを懸念して「今日はソロ」と断っても、その断った事自体を自分がストレスに感じたり、非常に面倒くさいのでネトゲという選択肢自体をなかったことにしてしまう。

私が神経質すぎるのが問題なのだけど、娯楽でストレスは感じたくない。という考えが昔から私にはあります。
なのでインターフェイスが使いづらいゲームは嫌いだし、ローディングが長いゲームも嫌いです。
プレイヤースキルがゲームの楽しさに左右するタイプのゲームも、嫌いではないのだけど、昔からその手ゲームは下手な自覚があるので乗り気でないとなかなかプレイ出来ない。
今のこのメンタルでもプレイしたいゲームはあるのだけど、PSかPS2なので要テレビ。
とりあえずPCか3DSかPSPでやりたいゲーム探そうかな。
Comment:2
back-to-top